交通事故施術

交通事故に遭ったら

交通事故に遭ったら

交通事故に遭った直後は興奮状態にあるため、けがの痛みを感じないことがよくあります。しかし、軽いけがだと思っていても、翌日以降に痛みやしびれなどの症状が出る場合もあります。また、見た目はなんともなくても、頭痛や吐き気、倦怠感、不眠症状などの症状が慢性化する恐れもあります。最悪の場合、後遺症が残ることもありますので、なるべく早く病院で受診するようにしましょう。

受診の際の注意事項

交通事故後の受診は、必ず病院で医師の診察を受け、診断書を発行してもらう必要があります。診断書が発行されたら、所轄の警察へ提出してください。診断書を提出しなければ人身事故の扱いになりません。また、診断書を提出することで、自賠責保険での施術費の請求が可能となります。

交通事故に遭った後の流れは以下のとおりです。

  • 加害者の方の氏名と住所を確認。
  • 交通事故現場や状況を確認(事故車や現場などの写真を撮影しておくと良い)。
  • 警察への届け出を行う(一般的には加害者側からですが、被害者側からも連絡する)。
  • 自分の加入している自動車保険会社に、事故に遭ったことを連絡する。
  • 病院で診察を受け、診断書を発行してもらう。

交通事故の後遺症

  • むち打ち
  • 首筋、背中、肩などの痛み
  • 腰痛
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 手足のしびれや震え
  • 食欲不振
  • 脱力感

など

当接骨院・鍼灸院の交通事故施述について

当接骨院・鍼灸院の交通事故施述について

交通事故のけがで一番多いのはむち打ちです。むち打ちと言っても、ぶつかった衝撃の違いや当たった場所などによって、症状は人それぞれです。

当接骨院・鍼灸院では、診断書をもとに適切なカウンセリングを行い、手技施術やマッサージ、鍼、テーピング、超音波施術などを組み合わせて症状の緩和を行っていきます。外傷全般の知識を豊富にもっている経験豊富な先生が、お客様のけがの症状に合わせた施術を行いますので、ご安心ください。

また、当接骨院・鍼灸院は年中無休で土日・祝日の施術も可能ですので、急な来店にも対応することができます。

保険の適用について

交通事故の被害者になってしまった場合は自賠責保険が適用され、施術費を負担する必要はありません。補償額は、労働能力喪失率や就労可能年数、平均余命年数、年齢ごとの平均給与額などから計算されます。

ただし、以下のような場合は保険が適用されません。

  • 被害車両が赤信号を無視したことによる事故の場合
  • 被害車両が、センターラインをオーバーしたことによる事故の場合
  • 追突したのが被害車両の場合

株式会社あるてあ

pagetop